ひろせ幼稚園をよく知ってもらうページ

幼保連携型認定こども園 ひろせ幼稚園とは・・・

認定こども園法に基づき「学校」と「児童福祉施設」の両方に位置付けられます。創立時からの名称である「ひろせ幼稚園」の名前を残していますが、実際には幼稚園と保育園の機能を併せ持った施設になります。

地域の子育ての拠点としての役割

多様なニーズにお応えする為、2歳児で満3歳のお誕生月を迎えるまでのお子様が幼稚園児と同じように週5日登園できる「ひよこクラブ」を設けています。
詳しくは「2歳児からの幼児教育センター」のページをご覧ください。

ひろせ幼稚園が大事にしていること

■「笑顔であいさつ」が大好きです

ひろせ幼稚園の園児には「努力ができる恥ずかしくない大人」になって欲しいと考えています。挨拶をするというのはその基本となる行動です。ひろせ幼稚園では、まずは挨拶のお手本を先生たちが見せ続けることで、それを見た園児たちが挨拶をするということを学んで、自分のものにしていきます。最近では来客の方から、「この幼稚園の挨拶は素晴らしい」とよく言われるようになりましたが、笑顔での挨拶が根付いた園児たちを誇らしく思います。

■今しか出来ない、バランスの取れた経験を大切にしています

子どもたちの将来を考える時、幼児期に楽しいことだけを経験させることは良くないと考えています。例えば、「ケンカ」は子どもたちにとって決して楽しいことではありませんが、「仲直りができる」という大切な経験を積むことにもつながるのです。ケンカしても仲直りができるという経験が、将来大きく役立つと考えています。ひろせ幼稚園は、今しか出来ないバランスのとれた経験を大切にしています。

■可能性をみつけます

ひろせ幼稚園の園児たちは将来どんな職業についているのでしょうか?「3つ子の魂100まで」とよく言いますが、やはり幼少期に様々な経験をする中で、得手・不得手や「好きなもの」を一つでも見つけることは大切なことです。そのため、ひろせ幼稚園ではできるだけたくさんの経験を園児にさせる中で、園児の長所を見つけるとともに、保護者の皆様と真剣にお子様の将来を考える園でありたいと思っています。

園のコンセプト

お帳面・密な連絡体制

当園では、大切なお子様を、ご家庭と一緒になって育んでいく為に、全学年でお帳面を導入しています。

日々の諸連絡はもちろん、ご家庭での様子を園に教えて頂いたり、園での様子をご家庭にお伝えする手段として活用しています。

また、クラスの様子や準備をお願いしたいものなどをお知らせする週だよりをクラスごとに発行しています。必要に応じて電話でも個別にやりとりをさせて頂き、子ども達にとってより良い教育環境が整えられるよう配慮させて頂いております。