園長からのメッセージ

一人ひとりの幸福を願い、生きる力(みずから考え、気付き、行動できる子)を培う教育を行います。

子ども達は誰でも無限の可能性を持っています。豊かな人間性を培うためには、幼児期の教育がきわめて重要です。

人間の知能は、6歳までに80%が出来上がると言われていますが、この時期の子ども達はあらゆるものに興味を示し、大人が驚くほどの行動力を示します。つまり、この時期には周りにあるあらゆるものを通じて多くのものを学び取り、経験として蓄積しているのです。

その経験は、「生涯にわたる人間形成の基礎を培う」ものであり、言い換えれば長い人生を「強く逞しく生きるための力」を身に付けているのです。

ですから、この時期にどのような環境の中でどんな経験をしたかによって、将来の生き方が左右されると言っても過言ではありません。

私共は、幼児期の子ども達に「心身ともに健康で、豊かな創造性を育み、また円満な社会性を身に付けさせる」ためには、適切な環境の中でバランスの取れたたくさんの経験をさせることが、何よりも大切だと考えています。

ひろせ幼稚園は創立以来、調和の取れた教育環境の下で、子ども達一人ひとりの命と個性を尊重し、幸せな将来を見据えた教育活動を行っています。